生活に根付く

朝のおはようから夜のお休みまで占いは番組で発表されたりしています。それだけ日本人は占いが好きなのです。

第三者的意見

占いという業界について紹介していきたいと思います。いまやどこにでも存在しているのがこの占いというジャンルですよね。昔から存在しており、そして今もなお人気があるというのは占いにおいてほかにないのではないでしょうか?あるとしたら自然崇拝だったり宗教や音楽といったものが同じぐらい期限が古いかもしれませんが、これほどまでに全世界で親しみがあるジャンルというのは占いだけだと思います。

その歴史の始まりは紀元前2000年以上も前から占い的なことはできていたとされていますし、日本にも古くからイタコと呼ぶものや存在していますし、飛鳥時代には中国から飛来してきているのです。

なぜここまで占いというのは人々の心をつかみ今まで定着しているのかというとその理由としてあげられるのはやはり不安だからなんじゃないかと思います。

誰もが心のどこかで心に不満だったり不安を抱えております。人によってどのレベルかはわかりませんし、誰かにすがりたいと願う気持ちの強さはまちまちだと思いますが誰かに後押しされたいと思うのは誰にだってあります。

たとえばオンラインカジノで今日は一発当てたんだ!って思ったときに今日の占いを見て金運が高いと言われたら勝負したくなってしまいますよね。友達だったら普通に気を使って大丈夫だよとか安心しなよって言ってくれますが、それは心のどこかで友達だから気を使ってくれているんだな!って思えるものです。

第三者的な意見を聞いてみたいと思うものです。たとえば病気やけがをしたときに親に大丈夫といわれるよりもお医者さんから大丈夫と言われたらうれしいですよね。

投資の専門家にこれから来る投資のやり取りをするのであれば初心者でも簡単にできるバイナリーオプションが良いよ!ってセミナーや塾などでいったら始めてみたいと思うはずです。スポーツをしているときに友達にうまいと言われるよりもコーチなどにうまいと言われたらうれしいですよね。占いも同じように人生で不安になっていたり迷っているときに後押しをしてほしいと思う時に占いに頼りたいと思うからこそここまで定着したものだと思います。

これからも占いというのは定着していくでしょうし、ちょっとしたときに相談のってくれるような存在でもあります。ただまだまだ占いというのをわかっていない、本格的に視てもらったことがないという人っていますよね。知っていそうで知らない世界でもありますのでここでいろいろと紹介していきたいと思います。

よく占いをあまりよく思っていない人が考えることが占いが当たるというのであれば投資の世界や賭け事などでも勝てるんじゃないの?って難癖をつける人もいるかもしれませんが、占いというのは預言者ではありません。あくまでも統計学でありこういった系統の人にはこういった人が当てはまるというのを幾通りも覚えてそれを伝えているのです。

ですから未来を当てるということはできませんが似たような人はこういった道に進んでいる人で成功している人がいるからアドバイスをするよ!という感じなのです。

実に理数系な考え方を持っている人が多いのである意味では占い師というのは投資に向いているかもしれませんね。実際に日本で投資がブームとなってfxが一気に広まったときにはfx初心者の中には占い師も結構いたというところもあるようです。

占い師というのはものすごいロジックのものと今までの経験値や第六感などをプラスして話しますが、あくまでもアドバイス的な意見のことが多いです。自分に行き詰っているならば一度は視てもらいましょう。

そしてここでは占い師になるための方法だったりどういった方法でやっていけばいいのかという視てもらう側もそうですが視る側の視点になって紹介していきたいと思います。

生半可な覚悟ではできませんし、一人前になるにはかなり長い時間が必要になってきますし、色々なスキルが求められますから最初から一人立ちしてやろうとするのではなくてたとえば最初は副業として頑張っていきそこからリピーターが増えたり口コミが増えたらやっていくのがいいと思います。

決して甘い世界ではありませんが、一つの職業として見た際に人に勇気や自信を与えることができる素晴らしい職業の一つであることは間違いありません。